個人が労働力として期待される委託宅配ビジネス

個人が宅配ビジネスで稼げる委託宅配

宅配ビジネスの多様化、中でもインターネットを介しての通信販売であるネット通販は、宅配業界に対し労働力における需要と供給の不均衡をもたらすほどの需要を見せ、サービス開始当初とは比較にならない大規模な市場に発展すると共に、継続的に利用する顧客の獲得にも成功するなど、需要だけで見れば大いに成功を収めたと言えます。

しかし、宅配ビジネスの成功に伴う宅配業者の疲弊も否定できず、宅配業界全体にとって必ずしも宅配サービスの成功がプラスに働いたとは言い切れませんが、宅配サービスサイドは宅配業者の疲弊を商機とみてか、事前に登録した個人への宅配業務委託サービスを展開するなど、個人への委託宅配によって空き時間での副職需要を利用する形を含めた新規の宅配サービスを開拓しているのも事実です。

委託宅配ビジネスの需要

宅配業界の労働内容のハードさと宅配サービスの発展による板挟みにより、人手不足が顕著となったことで需要と供給のバランスが崩壊しつつあった状況への対策となる事業として、宅配ビジネス側から再注目を受けた委託宅配ビジネスは、近年の副業の自由化傾向による、副業需要や空き時間を利用しての単発短時間アルバイト需要の増加もあってか、ある程度の成功をおさめ、首都圏において着々と需要を伸ばしています。

平均寿命の増加による年金給付年齢の引き上げや定年退職年齢の引き上げなどもあってか、以前に比べると共働き家庭が増えただけでなく、副職やアルバイトを本職と兼業する労働形態の模索も始まっており、面接等を必要としない委託宅配ビジネスは、その手軽さと隙間時間を利用できることを強みに、今後もある程度の成長を継続するでしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ