宅配ビジネスから委託宅配ビジネスが普及した理由

宅配ビジネスは日本最後のフロンティア?

ほんの数年前、宅配ビジネスは日本最後のフロンティア市場、すなわち日本にある経済市場のうち唯一不安定で発展途上の市場であると同時に、未だ発展の余地を多分に残した市場であると称される発展途上の有望市場と目されていましたが、今日に至ってもなお、市場開発の余地を残しており、経済的な発展によって十分に成熟した経済市場が大半を占める日本にとって、未だに最後のフロンティア市場です。

宅配ビジネスが日本最後のフロンティアと目されるのは、日本では欧米諸国に比べて宅配業界の提供するサービスが、消費者にとって良心的で安定していたことに起因し、宅配ビジネスの多様化で宅配サービスの需要と供給のバランスが崩れるに至ったのが比較的最近であったことがその要因でしょう。

現在の宅配ビジネスと今後の展望

宅配ビジネスは、インターネットインフラの整備とこれまで宅配業界によって築かれた流通網がマッチしたことによって、年々需要が増加していたところに携帯端末がインターネット端末としての機能を標準的に備えるようになったことが重なったことで、爆発的に需要が増加することとなり、結果として宅配ビジネスの多様性が増していく一方、宅配業界の疲弊を招いてしまいました。

そのため、宅配業界は宅配ビジネス側からの過剰な需要に値上げという形で対応し、宅配ビジネス側は委託宅配のような新規宅配ビジネスの開拓に積極的に乗り出すことで、顧客のニーズに応えた新しい宅配ビジネスを模索しており、少子高齢化に要る需要増もあって、宅配ビジネスは今後も発展を続けるはずです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ